top of page
  • 執筆者の写真未来ぷらす舎ライター

【徹底解説】不適切保育の基礎知識について解説します

更新日:1月22日


不適切保育の基礎知識について解説します

不適切な保育とは、一体何でしょうか。即答できる人は実は少数かもしれません。

不適切な保育の基礎知識を理解することは、子ども達の安全と安心を保証するために極めて重要です。

この記事では、不適切な保育の特徴、その原因、子ども達に与える潜在的な影響について詳しく解説します。

この記事を通じて、保育者や保護者が不適切な保育の兆候を見分け、適切な対策を講じるための基本的な知識を身につけていきましょう!



1. 不適切保育とは

不適切保育とは「子どもの人権や人格を尊重する観点から見て、適切ではないと考えられる保育」のことを指します。

このような保育には、子どもに対して不必要な罰を与えたり、乱暴な言葉を使用したりする事が含まれます。


また、意味もなく大きな声で怒鳴ったり、子どもを置き去りにしたり、閉じ込めたりする行為も、不適切な保育とされています。

さらに、子どもの成長や発達を妨げるような保育も不適切であると言えます。


例えば、以下の点が挙げられます。


  • 子どもの自主性を尊重しない行為

  • 子どもの個性を否定する行為

  • 子どもに過度の期待や要求をかける行為


子ども達が安全で、健全な環境で成長できるように、保育者は常に自身の行動を見直し、適切な保育を心掛ける事が求められます。

子ども達一人一人の人権と人格を尊重し、彼らの可能性を最大限に引き出すための支援が、質の高い保育の基本となるのです。




2. 不適切保育の原因

次に、不適切保育の原因を考えていきましょう。

主に2つの大きな要因が考えられます。


  • 子どもの成長のために罰が必要だと考える

  • 子どもをコントロールするために怒鳴る


次に、職場環境の問題も重要な原因として考えられます。

保育士の負担が大きい状況や、人間関係が良好でない職場では、不適切保育が生じる可能性が高まります。具体的には、以下のような状況が考えられます。


  • 保育士一人あたりの子どもの数が多い

  • 職場の人間関係が悪化し、ストレスを感じる


このように、保育士個人の認識の問題と職場環境の問題が、不適切保育を生じさせる主な原因となります。保育の質を高め、子ども達の健全な成長を支援するためには、これらの問題に対処し、改善する事が重要です。




3. 不適切保育の被害

不適切保育は、子どもに大きな身体的および心理的な影響を与える事があります。


身体的な影響として、不適切な保育によって子どもがケガをしたり、病気になったりする事があります。さらに深刻な場合には、虐待による死亡のリスクも否定できません。


心理的な影響に関しては、子どもが自信を失ったり、深い心の傷を負ったりする事があります。具体的には、以下のような影響が考えられます。


  • 自信の喪失

  • 自己肯定感の低下

  • 自尊心の欠如

  • 心の傷

  • 感情的なトラウマ

  • 不安や恐怖の感情

  • 対人関係の構築に苦労する

  • 他者との信頼関係の形成に問題

  • 社会的な交流の困難

  • 将来的な社会適応に問題が生じる

  • 学校や職場での適応困難

  • 社会的な役割の果たしにくさ


このように、不適切保育は、子どもの健康と幸福に深刻な影響を及ぼす可能性があります。保育者は、これらのリスクを常に意識し、子ども達の安全と心の健康を守るために、適切な保育の提供に努める事が大切です。




4. 不適切保育の未然防止

不適切保育の防止にはどのようなことが必要でしょうか。

ここではいくつかの重要な要素をご紹介します。


まず、保育士の研修や教育が非常に重要です。

保育士には、子どもの人権や人格を尊重する観点から、適切な保育とは何かを深く理解させるための研修や教育が必要とされます。具体的には、以下のような取り組みが考えられます。


  • 子どもの心理や発達に関する知識の提供

  • 保育の倫理に関する研修


次に、職場環境の改善も不可欠です。

保育士の負担を軽減し、人間関係を良好に保つために、適切な職場環境を整える事が重要です。具体的には、以下のような改善策が効果的です。


  • 保育士の人数を増やす

  • 職員間のコミュニケーションを促進する研修の実施


これらの取り組みにより、保育士が子ども達に適切な保育を提供する事が可能になります。保育士の研修や教育、職場環境の改善を通じて、不適切保育の未然防止を図ることは、子ども達の健やかな成長と発達を支援するために重要です。

保育の質を高めるためには、これらの取り組みが必要不可欠であり、それぞれの保育施設が積極的にこれらの改善に取り組む事が求められます。




5. 不適切保育への対応

不適切保育を発見した場合、迅速かつ適切な対応が求められます。


まず、不適切保育を発見した場合、速やかに適切な機関への通報が必要です。市町村の福祉事務所や児童相談所などが、このような通報を受け付けています。

具体的には以下のように行動します。


  • 市町村の福祉事務所や児童相談所への通報

  • 適切な機関への情報提供


次に、不適切保育の被害を受けた子どもへの支援が重要です。

専門家による適切な支援が必要とされ、市町村の福祉事務所や児童相談所が、必要な支援を調整します。具体的な支援内容は以下の通りです。


  • 専門家による心理的サポート

  • 必要に応じた医療的なケア


不適切保育は、子どもの健やかな成長と発達を阻害する深刻な問題です。

私たちは、不適切保育に関する基本的な知識を身につけ、子どもを守るために必要な取り組みを理解し、適切な行動を取る必要があります。


子ども達の安全と幸せのために、私たち一人一人がこの問題に対して責任を持って行動する事が、何よりも重要です。



一般社団法人未来ぷらす舎のご紹介

私たち「一般社団法人未来ぷらす舎」は、現役の保育園長やカウンセラーを始めとした、保育のプロフェッショナル達で構成された保育コンサルティング企業です。


気になる方は、こちらからぜひチェックしてみてください!


bottom of page